FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花桃の里 薗原

花桃の里 薗原

中央自動車道、薗原インターを降りるとすぐに花桃の里があります。
阿智川の土手を中心に、広範囲に花桃が植えられています。

赤白桃の三色に色分けされた物や、一本の幹に三色の花をさかせる
咲き分けの木、白い花びらに朱の混じったハイブリットまで、
見事な物です。

サクラのような繊細さは有りませんが、色鮮やかで、目を奪われる
美しさです。

花桃の並木

中国では花見と言えば桃の花ですが、これを見ますと、さもありなん
と思わせます。

ここはスケールの割に屋台なども少なく、落ち着いて見ることが出来、
皆さん携帯でパチパチと、にわかカメラマンになっていました。

花桃写真14

bn5.jpg

ストレス社会の現代には、こうして花を愛で、新鮮な空気を吸う
ことも、大きな癒しとなります。

尤も・・・♪桃の~花見もおまえと行けば一度の花見で二度の花~

こんな都々逸などを作って調子に乗っておりますと

時にこの『おまえ』が、くせ者で、三色どころか七変化などします。
勿論、癒し効果は吹き飛ぶ場合も有るようでございます。

♪桃の~花見もおまえと行けば溜めたストレス倍になり~・・はぁ~




スポンサーサイト

テーマ : 癒し
ジャンル : 心と身体

熊野(ゆや)の長藤

散歩道にある公園の藤の花が満開です。
藤の花は優しく、何となく心癒されるのは私だけでしょうか?
癒しはストレス解消の大きな要因です。

源平の昔、遠州池田の荘の長、藤原重徳に、熊野(ゆや)という名の美くしい
娘が有ったのですが、国司として赴任してきた平宗盛に見初められ、愛妾として
京にのぼりました。
ある日、母が病に倒れたという知らせを受けた熊野御前は、見舞いに帰るべく
嘆願しますが、許されませんでした。
そこで悲しみのあまり


「いかにせむ都の春も惜しけれど馴れし東の花や散るらん」

と、和歌を詠んだのですが、これには宗盛も哀れに思い、熊野御前に暇を与えます。

故郷に帰った熊野御前は、亡き母やその後、源氏と戦に敗れた宗盛の弔いつつ
33年の短い生涯を閉じたと言われております。


能の世界では『熊野、松風、米の飯』と言われる程有名な演目だそうですが
そちらの方に疎い私としては、細かなことまでは分かりません。

藤の花を愛した熊野は、地元の行徳時に自ら藤の苗を植えたのですが、その藤は
熊野の流す、とめどなき涙のように長く地に垂れ、熊野の長藤として今日にまで
残っています。

私も何年か前に二度ほど出かけておりますが、この時期になり、公園の藤棚を
見るにつけ、ふと熊野の涙を夢想したりするのです。

ヘボ歌一首

『地に落とす涙のわけは知らずとも目に淡く咲く熊野の長ふじ』


bn5.jpg

テーマ : 癒し
ジャンル : 心と身体

美濃の和紙

うだつの上がる町並みの美濃市は、和紙のふるさとでもあります。
美濃和紙の歴史は古く、奈良正倉院に所蔵されて居るそうで、
1300年前より始まったと言われております。

その後、美濃和紙の需要は多く、紙商人が『うだつ』を競う程に
繁栄を続けました。

近代では和紙はアートとして注目され、美濃和紙あかりアート展
なども催され、伝統のうだつの上がる町並みに、スタイリッシュな
あかりアートが灯り、幻想的な雰囲気をかもし出します。

そんなこんなで、お調子者の私も、ついつい衝動買いで、小ぶりな
提灯というか、ランタンというか、スタンドというか、を買って
しまいました。

美濃和紙スタンド

無駄な物にも思えましたが、こうして暗くして、灯してみますと
和紙を通した優しいあかりが、私の目を、心を癒してくれるような
気がします。



bn5.jpg




テーマ : 癒し
ジャンル : 心と身体

うだつが上がらないけど

「 うだつなど上がるはずない亭主でも我が子の父では捨てもならずに 」

たぶん、このように思われて居るであろう私ですから、死のうが生きようが
どうでもいいような存在ですが、幸いにも??意気地なしの分だけ恐がりで
ありまして、病気になる恐ろしさ故、健康には人一倍の注意を払うようになり
ました。
それが高じて、健康用品などをオススメする立場になったわけで、世の中
何が幸いするか分かったものではありません。

ところで上のアホ歌に詠みました『うだつ』すが、岐阜県美濃市に、この
『うだつの上がる町並み』というのがありまして、御利益でもあるかと
出かけて参りました。

うだつの家並

古来、美濃和紙の産地として有名で、この商いで財をなした商家が立ち並ぶ
一角がありました。

街道沿いに町家が軒を並べて居ますので、火災による類焼を防ぐ必要があり、
それぞれの家の端に、防火壁を設けるようになりました。
この防火壁をうだつと呼びます。

その後、豪商達が防火壁だったうだつに、それぞれ趣向を凝らすようになり
次第に富の象徴となっていきました。

うだつ

うだつが上がらない=かいしょがない、となったのはここからだそうです。

この町並みは一大観光地となるほどのスケールではないのですが、のんびり
眺めて歩くのにはぴったりで、19軒あるうだつの上がった家々をながめて
往時を偲ぶのも一興です。

『番頭さんや、隣の家のうだつは、鬼瓦に家紋を入れたそうじゃないか』

  「へい、それに壁もしっくいで真っ黒にしたそうです。」

『何?こりゃうちも負けてはいられん、すぐ瓦屋を呼びなさい』

bn4.jpg








テーマ : 癒し
ジャンル : 心と身体

高原の図書館

本宮山スカイラインなどと、たいそうな名前が付いておりますが
周りは山ばかりの峠越えの道です。

山越えする峠の頂上付近、つい先日まで作手(つくで)村だった所で
今は愛知県新城市の一部になっています。

本線道路から少しはずれた山中に、忽然と保養施設のような広大な
スペース
が現れます。

とても多くの宿泊客が有るとも思えないペンションが二棟ほど、
よく整備された3面のテニスコート、芝の上にやたら鹿の糞のめだつ
グランドゴルフ場、なぜか山中にある海洋センター???なる建物
ビニールで覆われた屋内プール、私費で作られた立派なアジア民族博物館、
モリアオガエルが生息するという野趣豊かな沼、建設中の野球場らしき
スペース、その他、意味不明の建物数棟・・・


桜の季節、お天気にも恵まれた日曜日、行楽地は何処も人、人、人
のはずですが、ここは別天地、見かけた人は10人ほど、広大な
グランドゴルフ場でのんびり遊ぶ、地元??の老人集団5名ほど・・

600円の入場料で、入る博物館は、管理の女性からのんびりコーヒー
などを振る舞われ、ここはいったいどういう場所なんだ?と思いつつも・・
まあ、喧噪を避けて来た身には、ありがたいことです。

さらに極め付きは、以下の巨大図書館の存在です。
高原の図書館
看板には、【街角の図書館】と、謙遜気味に書かれております、

施設内のレストランは土日のみ営業ですが、この図書館は、365日
休まずフル稼働で営業のようです。


民家とて無い山頂にあり、謎に満ちたこの施設の中で最もミステリアスな
この図書館は、必見に値するものでした。


ほんとほんと・・・少しは笑えるよ





テーマ : 癒し
ジャンル : 心と身体

テラヘルツ美顔石

テラヘルツ美顔石

生命の育生光線、テラヘルツ光線が 貴方の肌細胞に浸透し、美肌美白に 導きます。

奇跡の石・・・テラヘルツ
カテゴリ
最新記事
テラ鉱石

テラヘルツ岩盤浴

冷えは万病の元です。
家庭用岩盤浴で、健康と美容を
テラ・パワーストーン

テラ・ブレスレット
テラ・ネックレス

生命の育生光線、テラヘルツ光線が 貴方に奇跡の健康を
K・リゾレシチン

アルファベスト・グミ

最高峰のレシチンで、異次元の
吸収率を誇ります。
神津健一博士の開発による、K・リゾレシチンは、レシチンの歴史を変えました。
ビタマルチイースト

ビタマルチイースト

マルチビタミンとして30年以上の
実績が物語る信頼性、米国製
糖鎖の力

糖鎖(とうさ)

糖鎖は細胞間の情報交換を行う 物質で、栄養情報、病原体情報 などの、情報ネットワークにより 免疫力を強くします。
いわしペプチドのペプチン

ペプチン

特殊製法により天然の「いわし」 から抽出した、ぺプチドを使用、 血液さらさら、高血圧に
プロフィール

kazu3456

Author:kazu3456
私は予防医学指導士として、
皆様が真の健康を手に
入れる為の、お手伝いが
出来たら幸せだと、
考えております。

リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。